BLOG

独断と偏見で選ぶオシャレなランニングシューズ10選 ローテク編

こんにちは。

今日はタイトルにもある通り、おしゃれに履けるランニングシューズを独断と偏見で紹介したいと思います。ひょんな事で命を狙われる羽目になっても逃げきる事が出来るかもしれません。という事で、

独断と偏見で選ぶオシャレなランニングシューズ10選 ローテク編

 

 

NIKE CORTEZ

1972年に陸上用シューズとして誕生。47歳
同じくらいの歳の有名人は及川光博(ミッチー)
見た事ない人の方が少ないんじゃないか?って靴。
レザーやナイロンと素材が違うもので販売しているので、その時の着こなしで素材を決めても面白いかもしれない。
見て分かる通り結構細いので、足幅が広い人は普段のサイズより0.5~1.5アップくらいで買った方がいいかもしれない。
シュッとしててかっこいい。
フォレスト・ガンプでトム・ハンクスが履いてた靴。

 

NIKE INTERNATIONALIST

1982年のニューヨーク市で開催されたマラソン大会にて、優勝者が履いていたということで流行りまくった靴。年齢不詳
とにかく合わせやすい。服を選ばずに履けるので一足あれば重宝する靴。
結構細めなので普段より0.5アップ以上のサイズで買った方がいいかもれない。
ワッフルソール大好き。

 

adidas Originals ZX500

1984年に登場したZXファミリーの初代モデル。34歳
同じくらいの歳の有名人は伊藤 淳史(チビノリダー)
かっこいいわけでもなく、かといってダサくもないデザイン。すごく普通。
カラバリも多いので、普段用と仕事用といった感じで分けて持つのもいいかもしれない。
そこそこ広めに出来てるので普段通りのサイズでも良さげ。
名前の由来はカワサキのバイクの名前を参考にしたらしい。

 

adidas Originals COUNTRY

1970年代台に登場。年齢不詳
名前の通りクロスカントリーランニングの為に作られた靴。
ホワイトのレザーにグリーンのイメージがすごく強い。
硬さの異なる2層のスポンジをミッドソールに採用してるだけあって、かなり歩きやすい靴。
普段のサイズより0.5~1.0アップで買った方がいいかもしれない。
ビバリーヒルズ・コップでエディ・マーフィーが履いてたのでも有名。

 

Reebok CL NYLON

1984年発売以来世界的に根強い人気らしい。34歳
同じくらいの歳の有名人はバービー(フォーリンラブ)
見た目、履き心地、歩き心地は結構いい。
カラバリが豊富で、なおかつユニセックスなのでカップルでお揃いとか出来る。
お値段もお手頃でコスパ優秀。
普段のサイズより0.5~1.0アップくらいで買った方がいいかもしれない。

 

New Balance 996series

1988年に登場した900番台の3作目。990→995→996の順。
品番の前のアルファベットで値段が結構違う。
とりあえず試しに履いてみようって感じならMRL、こだわりたいならMにしておけばいいかもしれない。
ちなみにMはアメリカ&イギリス製についてる。
履き心地、歩き心地はかなり良い。人気も頷けるレベル。
サイズ感はMRLなら同じサイズか0.5アップでいいかと。
Mの型番に関してはサイズとワイズで選べるのでドンピシャで履ける。

 

Onitsuka TIGER ALLIANCE

1980年代に発売されたジョギングシューズALLIANCEをデザインベースにしたモデル。
初めて見たときはニューバランスっぽいって印象。
履き心地、歩き心地はめちゃくちゃいいです。全然疲れない。
ニューバランスは履きたくないけど、それっぽいの欲しいって人におすすめ。
いつものサイズか0.5アップくらいでいいかもしれない。

 

Onitsuka TIGER MEXICO66

1962年のトレーニングシューズのデザインをベースに、1966年モデルのデザインをプラスした靴。
1966年ってだけあって見るからに古そう。だがそれがいい。
ミッドソールが薄いのでモロに衝撃がくる。だがそれがいい。
タンが短いため、なかなか履きにくい。だがそれがいい。
この古い感じがかっこいい。それに尽きる靴。
履いた瞬間に自分もオシャレさんの仲間入り感を味わえる。(個人差があります)
サイズは0.5アップ以上を買った方がいい。
イエロー×ブラックはブルース・リーっぽくて好き。

 

Saucony Jazz Original

1981年に登場。ブランド設立は1898年と何気に歴史がある。37歳
同じくらいの歳の有名人は要潤
履き心地は個人的に一番好きかもしれない。
ソールが厚めなので慣れないと転びそうになる。僕は転びました。
いつものサイズか0.5アップでいいかもしれない。
トライアングルラグパターンという特徴的なソールがなんか好き。

 

BROOKS CHARIOT

1982年に誕生。80年代のランナーに最も多く履かれたランニングシューズの1つ。36歳
同じくらいの歳の有名人は吉田 沙保里
あんまり馴染みのないブランドかもしれない。だからこそいい。
履いただけで人とは違ったものを身に着ける事が出来る。
履いている人をみかけるとシンパシーを感じる。
軽く、フィット感もよく、クッション性能もいい。かなり楽。
いつものサイズか0.5アップでいいかもしれない。
耳鼻科に履いていったら盗まれた思い出の靴。

 

 

以上、独断と偏見で選ぶランニングシューズ10選でした。
次はハイテク編でいきたいなーと思います。

あくまで僕目線で書いてるので、サイズ感はその人その人で違いはあります。
履き心地も好みがあるので、お店で試し履きするのがいいかと思います。

僕の語彙力のない紹介ですが、何かの参考になればと幸いです。

それでは、また。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください