BLOG

最高のクソ映画!!How Highを是非見て欲しい

こんにちは。

お久しぶりですね。

4月、ようやく春を感じてくる今日この頃いかがお過ごしでしょうか?
私はというと、毎日だらだらワンカップを飲み、公衆トイレで寝る。
そんな日々を過ごしています。

今回はしんどい現代社会を生きる皆様に是非お勧めしたい映画があります。それがこちら

HOW HIGH  “ビー・バッド・ボーイズ”

HIPHOP界のチーチ&ジョンことメソッドマンとレッドマンと90年代を代表する人気ラッパー二人が主演のコメディ映画
これは個人的に本当におススメしたい最高のクソ映画です。
クソって駄作って意味じゃないですよ?いい意味でのクソ映画です。僕はクソ人間ですけどね。

ざっくりあらすじ紹介

左:サイラス(メソッドマン)と右:ジャマール(レッドマン)

友人アイボリーの遺灰を肥料にしてマリファナを育てていた落ちこぼれのサイラス(メソッドマン)は偶然出会ったジャマール(レッドマン)と一緒にハーバード大学を受験する。
受験前に収穫したマリファナを吸った二人の前に死んだアイボリーが見えるようになり、アイボリーから答えを聞き、無事ハーバード大学に入学することになるのだが…

これだけで分かるアホさ加減。
伏線なんてものも存在しないし、何も考えないで見れる映画ってなかなか無い。
でもね、この映画に関しては考えるだけ無駄なんですよ。映画好きの思考で深読みすると大怪我するハメになります。
こればっかりは仕方ない。小難しい映画見たあとの口直し的な感じで見るのがいいかも。

映画にはCypress Hillが本人役で友情出演しており、オープニングでも彼らの”I Wanna Get High”が流れていた気がする

個人的おすすめポイント

その1演者が最高すぎる!

主演のメソッドマンとレッドマンが最高です!
仲の良い2人の掛け合いは演技なのかリアルなのか分からないレベルなのも必見!

昨年ライブ配信で人気曲を披露していくバトル企画「Verzuz」にて神回と言えるマッチアップであるメソッドマン&レッドマンが公開されました。
How to Roll a BluntやShame on a N*ggaを披露した。
めちゃくちゃかっこよかったけど、バーサスじゃなくてライブだった。

Method Man

あの有名なウータンクランのメンバーの1人。
名前の由来はカンフー映画のドラゴン・カンフー/龍虎八拳のアメリカ版タイトルであるMethod Man説と、メソッドはスタテンアイランドの俗語でマリファナを意味するためという説があるけど、どっちもいいよね。

個人的に好きなMethod Manの曲

Break Ups 2 Make Ups
Butterfly Effect (feat. RJ Payne)

Redman

メソッドマンとのユニット”Method Man&Redman”やエリックサーモン、キースマーレイらとのユニット”Def Squad、ソロ、コンビ、トリオ全てをこなせる人。
名前の由来は雪合戦で雪玉を顔面に受け顔が真っ赤になったことからレッドマンと呼ばれるようになったそうな。

個人的に好きなRedmanの曲
Let’s Get Dirty (I Can’t Get In Da Club)
80 Barz

その2音楽が最高すぎる!

2001年にリリースされているHOW HIGHのサウンドトラックに収録された曲が本当に素晴らしい!個人的には懐かしい名曲ですが、恐らく2000年初期はクラシック扱いなんですかね?
この仲良しコンビの楽曲がメインでDEF JAM系アーティストの曲も多数収録している1枚。
とは言え10曲目までは新譜でそこから先は既発曲で手抜きしたんか?って多少物足りなく感じる感もありますが、そこは深く考えずゆたーっと聞いてくださいな。
全体的にレッドマン色が強めな印象。個人的に好きなのは#2のパーティーファンクであるPart II、#7のアジア―ンな弦楽器が特徴的なトラックのLet’s Do Itが好きです。


その3ファッションが最高すぎる

これぞリアルなB系と言った感じのメソッドマンとレッドマンのファッションを見れる。
自分と近い世代の人は懐かしいと思うんじゃないですかね?
なんか聞くとこによるとB系と呼ばれるファッションブランドが再燃してるとかしないとか…

サンバイザーも当時っぽい、AVIREXのレザージャケットはモロって感じ
レッドマンはDADAのTシャツ、メソッドマンはROCA WEARのフーディー
くつろいでる姿もいかしてるのずるい

どうよこれ、クソかっこいくないですか?
ミュージックビデオとは違うリアルな感じがめちゃくちゃいいんですよね。
それと実はここだけの話、以前このブログでB系ブランドの特集した事あるんですよ。
良かったら見ていってくださいましー。むしろ沢山見て!お願い!!!

90年代のB系ファッションブランドとその後を調べてみた話 その2こんにちは 前回の記事90年代のB系ファッションブランドとその後を調べてみた話 その1の続きとなります。 https://s...

あとがき

という訳で久々にブログを書きましたよっと
この映画はなかなかアホですが、黒人文化がゴリゴリなんで文化を理解している人なら充分楽しめる映画になってるのもポイント。そういった文化が気になる人にもおススメしちゃう。
今後もこのような黒人文化が感じられる映画紹介とかしていくのアリかもしれないですね。
全てはやる気次第ではありますけどね…

流行りとかブームは繰り返すって言いますけど、自分らが昔着ていたブランドを今の若い子達が着ているのって嬉しくなりますね。
TikTokなどの気軽に動画を配信できる媒体でブランドの認知度が上がるのもなんか嬉しい気持ちになります。
なるべく更新も頑張るのでこれからも応援よろしくお願いします!

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。