BLOG

おじさんとBOOKOFFと私と天空の花嫁

僕はそこそこ本が好きだ。
”そこそこ”と言うのは月に何冊も読むガチ勢という訳でもなく、せいぜい月に1、2冊くらい読むくらいのライト勢である。
ジャンルにこだわりは全くなく、小説・漫画は結構なんでも読む。

そもそも本が好きと言うより、本屋が好きと言った方が正しいかもしれない。
たくさんの本が並ぶあの空間は不思議とワクワクする。
本を買う基準はジャケ買いだったり、本屋のPOP広告につられて買う事もある。
まんまと本屋のマーケティングに乗っかってる。やるじゃん

しかし僕が恐らく一番利用するであろうお店がこちら。

そう、BOOKOFFである。

職場と自宅のちょうど間にあるこのお店。特に用がなくても週に2,3回は立ち寄ってしまう。ルーチンワークと言っても過言ではない。

特に曜日は決まっていない、なんとなく立ち寄る。コンビニのような感じに近い。
まずは雑誌のバックナンバーを物色し、トイレに行く。そして小説コーナーを眺め、トイレに行く。最後に漫画コーナーをダラダラ眺める。

特に曜日は決まっていない、なんとなく立ち寄る。コンビニのような感じに近い。

まずは雑誌のバックナンバーを物色し、トイレに行く。そして小説コーナーを眺め、トイレに行く。最後に漫画コーナーをダラダラ眺める。

いつからかは覚えていないが、ある日集英社の100円コーナーに彼はいた。
そう、タイトルになっている”おじさん”だ。

やや心もとない頭髪に、恰幅のいい佇まい。どことなく自身あふれる立ち姿。大きいリュックをいつもしょっている。

雰囲気で言うと初代ポケモンの『やまおとこにほんのり似ている。

そして毎回19時頃になると帰っていく。

僕はお店に行く曜日は特に決めていない。

しかし、彼はいる。

そんな事が続くと、自然と今日もあのおじさんはいるのかな?という気になる。
決まって集英社の100円コーナーにいる。
それを見て、

(お!今日はぬ~べ~か。懐かしいな)

(お!ターちゃんじゃん!好きだったなぁ)

(おぉ!忍空か!趣味が合うなぁ)

とか思ったりしてる。
もしかして、これが…恋?

違う、断じて違う。

昨日もBOOKOFFへ行ったのだが、彼はいつものようにいた。
ダイの大冒険を読んでいた。

その直後、この長い付き合い(?)の中で初めて目があってしまったのだ。

何故か会釈するおじさん、それを見て何故かニヤッとしながら会釈を返す僕。
どちらが怪しいかは火を見るよりも明らか。

そっか、これが恋なのか
違う、断じて違う。

1つ考察してみる。

僕が知ってる限り、おじさんは集英社の100円コーナーにしか存在していない。
講談社でも小学館でも秋田書店でもない。
絶対に集英社だ。

おじさんは集英社のコーナーにいるジャンプ好きの妖精で、もしかして僕にしか見えていないのか?

そうだとしたら目が合った時点で会釈したのも頷ける。

「まあっ!あなたには 私が見えるの!?」

なんてDQ5のように妖精の国に連れていかれるのかもしれない。怖い

絶対にありえない。万に一つもありえない。

それにおじさんはどう考えてもベラではなくサンチョである。

僕は何となく手に取った漫画が面白かったので、そのまま購入した。

今日もいい買い物ができた。

僕はおじさんが本を買ってるのを一度も見たことが無い。

ははーん、さては妖精だな?

おしまい

僕は絶対にビアンカ派です

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください