BLOG

人と被りたくない!そんな人におすすめマイナースニーカーブランド

こんにちは。

最近ナイキの回し者かって位、ナイキに関する記事が多かったので、ナイキやアディダスの王道ブランドではなく、ちょいとマイナーなブランドを紹介します。
人と被らないスニーカーが欲しいよぉ~って人は必見です!
ナイキとかアディダスでよくね?って人も必見です!!

という事で、

人と被りたくない!そんな人におすすめマイナースニーカーブランド

 

Atlantic STARS
(アトランティックスターズ)

 

 

「1980年代のランニングシューズを復刻する」というコンセプトで生まれたブランド。
見て分かる通り、色使いやぽってりした形がかなりポップなデザイン。
星マークも可愛いです。コンバースとは関係ありません。
100% Made in Italyにこだわった職人が1つ1つハンドメイドで作成しているので、品質も最高。
ちょいちょい見かけるようになったなーって印象。
今回の推しメンならぬ推しスニーカーの一足
お値段30000円~

 

LUNGE
(ルンゲ)

 

2008年に創業したドイツ発の高級ランニングシューズブランド。
“長距離ランナーが痛みを感じないランニングシューズをつくる。”がコンセプト
ミッドソールにはEVAの含有量80%という高い比率(一般的には20%ほどの含有率)
アディダス、プーマ、ビルケンシュトック、ドクターマーチンとドイツは靴大国である。
お値段は20000~35000円前後

 

WALSH
(ウォルシュ)

 

1961年にスタート。
英国でデザイン、生産されている、英国を代表するスポーツシューズブランドです。
たった10人の職人が工場で作ってるとの事。罰ゲームかよ!
違うんです。ひとつひとつ丁寧に作ってるから高品質なんです。いいんです
Made in England.ってだけでかっこいい気がするのは僕だけじゃないと思う。
お値段は18000~30000円前後

 

C.QP
(シーキューピー)

 

2013年にスタートしたスウェーデン発のスニーカーブランド。
使用する素材は全てイタリア・ポルトガル製。製作は手作業で行うこだわりっぷり。
シャンク入りのソールが採用されている珍しいスニーカー。
(シャンクとは革靴とかの土踏まずの部分に埋め込まれた芯材)
どのシーンでも使えそうなブランド。
お値段は30000~50000円前後

 

TOP SEVEN
(トップセブン)

 

イタリア・ミラノのチームと日本のデザイナーのコラボにより生まれたスニーカーブランド。
東京、上海、ミラノ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスの7大都市に向けたラグジュアリーなスニーカー。
トップミランというムラのない特殊コーティングを使用している。このブランドもハンドメイド。
雑誌LEONで見る大人っぽいブランド。
お値段は10000~25000円前後

 

PHILIP MODEL
(フィリップモデル)

 

1981年創業のフランス人シューズデザイナーのフィリップ・モデル氏によるブランド。
イタリア職人のハンドメイドで作られており、高級靴や特別仕様のものにしか使われなかった素材をスニーカーに落とし込んでいる。職人スゲー!
レザーにナイロンや異素材を組み合わせているので、気軽に履けそうなデザインが多いのも嬉しい。
愛煙家の方はフィリップモリス?って思ったはず。僕もその一人
ちなみに全く関係ない。
お値段30000円~

 

HOKA ONEONE
(ホカ・オネオネ)

 

このブログを読んでくれてる方は分かるかもしれない。
そう、僕はHOKA ONEONEが好きなのである。隙あらば布教活動をするタイプ。
ブランド概要はこちらへ

本当履き心地いいですよ!ごつくて可愛いです。
今のダッドシューズの流れにも持ってこいですし、僕が履いてるベイラーはこう見えて意外と軽いんですよ。オススメです!
ちなみにホカ オネオネはニュージーランド・マオリ族の言葉で「Time to Fly(さぁ、飛ぼう!)」という意味らしい。I Can Fly
お値段15000円~30000円前後

 

23.65
(イーシプサムチョンユクオ)

 

2015年より韓国で人気急上昇したブランド。
このブランド名(イーシプサムチョンユクオ)を見るとサムギョプサルが思い浮かぶ。
23.65がイーシプサムチョンユクオとは暗号レベル。
一番有名なのはやっぱり上の画像にもあるVitaminだと思う。
SNSでカップルや友達でお揃いが流行ってるスニーカー。ファック
デザインは個性的で結構好き。
お値段10000円前後

 

KOLCA
(コルカ)

 

韓国のメジャーブランド。
上の画像の1992 BARCELONAというモデルに一目ぼれした。
シンプルでカラーバリエーションも多いのがうれしい。
キャンバス素材なので、バンズ・コンバースと一緒にヘビロテ入りするかもしんない一足。
どこかで見たことある気がすると思ったら、ほんのりプロケッズに似てる気がする。
お値段10000円前後

 

AKIIICLASSIC
(アキクラシック)

 

最後はこれ!韓国のスニーカーで一番人気と言われるブランド。
略してアキクラと呼ばれたりするとか。松平健をマツケンって呼ぶのと同じ。
じわじわと日本でも人気が出てきているのでチェックしとくのもアリかもしれない。
ちなみにインソールが5センチ近くあるので、履いたら大きくなれるよ。
上の画像のNEPTUNESってモデルがかっこいい。

 

 

以上、人と被りたくない!そんな人におすすめマイナースニーカーブランドでした。
今回の記事で思ったのは、韓国を正直侮っていました。
お隣の国が思わぬ伏兵でしたね。
近いうちにファッションブランドも含めて韓国特集の記事を書いてみようと思います。

とりあえず今日は冷麺を食べようと思います。

 

それではまた。

 

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください