BLOG

独断と偏見で選ぶ、かっこいい90年代の名作バッシュ【パトリック・ユーイング】

ハイ皆さん、こんにちは
名作バッシュ紹介シリーズ。今日はパトリック・ユーイングでお送りします。
司会は私、Shoeremakeの中の人です。よろしくお願いします。

ってな訳で、まずはバッシュ紹介から行きます。

 

adidas Originals Attitude Hi

 

adidas Originals RIVALRY Hi

 

adidas Originals CONDUCTOR HI

 

同じシューズ3個並べて何やってんだこいつ。って思いました?
僕も実際画像を見比べましたが、分かりにくい!!!ちょっと似すぎじゃないですかねぇ…
全てユーイングのシグネチャーモデルなんですが、CONDUCTOR HIはEWINGを履き始めたため、ほぼ履いてないとか。

 

EWING ATHLETICS EWING 33 HI

 

1989年に立ち上げたブランドEWING ATHLETICS
丸みを帯びたぼってりとしたボデー、ヒール部分のビッグロゴや厚めのシュータンなど90年代
って感じのシューズ。
センター用なのでがっしりしてて重い。

 

EWING ATHLEITCS CENTER HI

 

ニューヨーク・ニックスで愛用したシグネチャー2ndモデル。
これまた上のシューズと一緒でごつい。ごつい。
adidasからこれまで結構似てる気がする。
ちなみにセンター用なのでがっしりしてて重い。重い。

 

パトリック・ユーイングをささっと紹介

ジャマイカのキングストンに生まれ、12歳のときに家族とともにケンブリッジに移住する。
中学時代にバスケを始め、高校時代にはバスケット選手として頭角を現していた。
大学は様々な大学から声がかかったが、ジョージタウン大学に進学。
1984年にはアキーム・オラジュワンを擁するヒューストン大学を破り優勝し、ユーイングはカレッジバスケ界最大のスターとして活躍した。
当時大学生ながら1984年のロサンゼルスオリンピックにアメリカ代表として出場し、金メダルを獲得した。

 

1985年にドラフト1位でニューヨーク・ニックスに指名された。以後キャリアのほとんどをニックスで過ごす。
1年目から20得点9リバウンド2.06ブロックという新人離れの成績を挙げ、当然のごとく新人王を獲得したものの、チームは低迷から抜け出す事ができなかった。

1989-90シーズンにオールNBA1stチームには3年連続で選出されていたオラジュワンを抑えて初めて選出された。

1991年にパット・ライリーがヘッドコーチに就任すると、ライリーはかつてハードなディフェンスで黄金期を築いた70年代ニックスのプレースタイルを復活させ、ニックスはリーグで最もタフなチームとして優勝候補にあげられる成績を残していく。

1992年にはドリームチームの一員としてバルセロナ五輪で金メダルを獲得し、名実ともにリーグを代表するセンターとなったユーイングだったが、大学時代からのライバルであるオラジュワンやマイケル・ジョーダンが立ちはだかり、優勝する事はできなかった。

1997-98シーズンからは故障に苦しむようになり、アラン・ヒューストンやマーカス・キャンビー、ラトレル・スプリーウェルなど走力のある選手がチームの中心となっていくと、居場所を失くしたユーイングはニックスフロントと決裂。ユーイングは遂にニックスのユニフォームを脱ぎ、ソニックスへとトレードされた。

しかしソニックスでは出場した79試合全てに先発したものの年には勝てず、キャリア初の平均得点1桁にまで成績を落としてしまう。
その翌シーズンオーランド・マジックに移籍します。
当時グラント・ヒルが故障しており、T-MACのワンマンチームになっていました。
そこでユーイングを呼んだのですが、65試合の出場中先発は僅か4試合、平均出場時間も13.9分にまで落ち込みます。
プレーオフに出場したマジックがホーネッツの前に1stラウンドで敗れ、そこでユーイングのキャリアも終わりました。

NCAAとオリンピックで優勝はしましたが、長いNBA人生の中で優勝はかないませんでしたが、間違いなく歴史に残る名センターであったのは言うまでもありません。
1996年にはNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」に選ばれているから間違いないですよね。

ね?かっこいいでしょ?

 

この髪型、ニックネームはキングコング。お気づきの方もいるかもしれません。
スラムダンクのゴリこと赤木剛憲のモデルなんです。

練習中のビステは背番号33番。流川はジョーダンと同じ23番。深いですね

最後に日本の進研ゼミのCMで中学生時代の田臥勇太と共演した映像で


田臥若いなぁ~

それではまた次回をお楽しみに、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ

 

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください